about

​はじめまして。

はじめまして。「ビストロ ココ 路地裏」といいます。神宮前2丁目の、店名どおり路地裏にある洋食屋です。シェフ1人の小さなお店です。

かかりつけの飲食店

どんなお店を目指しているかというと、1から説明しなくても好みを理解している「かかりつけの診療所」のレストラン版のような場所です。

電車を乗り継いで来て頂くというよりも、徒歩や自転車圏内の、

この町に住む人たちやこの町で働く人たちにとっての、「かかりつけの飲食店」になれれば、と思います。

それぞれの人の一皿

「ビストロ ココ 路地裏」は、お客様ひとりひとりの好みや、その時の体調、気分に合わせ、それぞれのお客様にとっての一皿をつくりたいと思っています。

メニューに無い物でも、食材のある限りリクエストにお応えいたします。

ひとりひとりのお客様の専属シェフ兼ソムリエになる」。

​そのような気持ちで、2017年9月にお店を開きました。

料理とお酒の相性の良さも、提案します。

ソムリエ資格も持つオーナーシェフが、お食事の楽しみ方も提案していきたいと思っています。

料理とお酒の相性を知ると、食事もずっと広がりがでてきます。ぜひお気軽にお尋ねください。

​古木でつくった空間

お店の内装には、かわいいタイルや、古民家の古木を使っています。

100年以上も前の木がもつ風合いから、家にいるようなホッと落ち着ける、そんな空間になっていると思います。

お一人様でも、お子様づれでも、どうぞお気軽にご来店ください。

店内の様子はこちらで見られます。

staff

小野 宗隆

Munetaka Ono

「Bistro Coco 路地裏」のオーナーシェフ。

1978年生まれ。

18歳より飲食の世界へ。イタリア料理、フランス料理を中心に料理長などとしてキャリアを積み、店舗立ち上げからメニュー開発なども多数経験。

2007年にソムリエ資格を取得。

17年9月、洋食屋「Bistro Coco 路地裏」をオープンする。

©2018 Bistro Coco 路地裏